顔の産毛処理でニキビも解消?

顔の産毛処理でニキビも解消?

顔の産毛処理をするとニキビが出来やすくなるという人と、ニキビが解消するという人と二通りあります。
実は、顔の産毛処理をすることで、ニキビになってしまう人と、ニキビが治る人と両方あるのです。それは、顔の産毛処理の方法によって違ってきていたのでした。
まずその前に顔の産毛処理をすると、つまり剃ると、産毛は濃くなるのでしょうか?

 

これもよくある誤解ですが、見た目は濃くなるように見えて、実際は、一度沿った産毛の一番太い部分が上に上がってくるので濃くなるように見えるだけです。
だから、一度剃ると、ずっと剃り続けたほうが、顔の色もワントーン明るくなりますし、お化粧のノリもよくなりますので、何もしないよりはましです。

 

今時、顔の産毛処理をしない女性は、不潔感漂う、私生活が乱れた女性だと思われることが多いので、ムダ毛処理だと思って頑張りましょう。
もちろん、解決方法は剃るだけではありませんが、ここでは、顔の産毛処理をしたらメリットがこんなにあるということをご紹介します。

 

まず既に書いたように、顔の色がワントーン明るくなります。次にお化粧のノリがよくなります。
また、顔の上にあった産毛がなくなりますので、化粧品などスキンケアの効果をこれまでより実感することができます。

 

そして、顔の表面にある、余計な毛と一緒に、古い細胞も取り去ってくれますので、ニキビになる可能性が少なくなります。
ただ、毎日のように顔を剃り続けると、表皮をけずりすぎてしまい、お肌のバリア機能を損ないますので、乾燥します。

 

お肌が乾燥すると、紫外線の影響を受けやすくなって、シワやシミになるのです。しかも、ちょっとした空気中の異物に反応して、ニキビにもなるかもしれません。
これが、既に書いた、ニキビ解消にもなる方法であり、ニキビになりやすい肌になる可能性もあるということなのです。

 

だから、顔の産毛処理をするのは、週1回ぐらいになるようにちゃんと決めて処理するのが良いと思います。
7日待てないと思うなら、コンシーラーやファンデーションなどで、ちょっと隠せるかどうか試してください。

 

もし難しいようなら、抑毛効果のあるスキンケアクリームも使うことができます。これは、毛根を小さくしてくれるため、次に生えてくる毛が細くなります。
もちろん、毛が弱くなり、するりと抜けたり、産毛の生える周期が長くなったりします。

 

こういった化粧品には女性ホルモン様成分が含まれているためです。普通の食事でも、なるべく女性ホルモン様成分が含まれるものを意識して食べてくださいね。
そうすれば、顔の産毛も薄くなりますし、顔の産毛処理頻度も少なくなりますので、ニキビ解消の方になると思います。顔の産毛処理を控えたほうが良いタイミングは、生理中・紫外線に当たる前(バカンスにいく前、ビーチに行く前)などです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?